/

ハレザ池袋、7月に全面開業 豊島区役所跡地

豊島区役所跡地を利用した大規模複合施設「Hareza(ハレザ)池袋」が7月に全面開業する。既に開業済みのホールなどに加え、このたび超高層のオフィス棟が完成。低層部につくられたシネマコンプレックスとあわせて7月初旬から営業を始める。

オフィス、ホール、公園などを一体整備した

東京建物とサンケイビルが整備した地上33階建てのオフィス棟「ハレザタワー」は2~6階部分に10スクリーンを持つ「TOHOシネマズ池袋」が入り同3日開業する。隣接する東京建物ブリリアホール、としま区民センター、中池袋公園と合わせて8つの劇場空間がそろう。オフィスは順次入居予定だが全フロア契約済みという。

ハレザ池袋は豊島区役所や豊島公会堂の跡地を利用した再開発。池袋を文化の発信拠点にしようという区の構想に沿ってホールやスタジオなどが設けられた。オフィスとホールは土地を賃借する民間企業が、公園と区民センターは区が整備。オフィス棟以外は昨年11月に開業した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン