山形・天童温泉に入浴施設 高齢者施設など統合

2020/6/23 18:07
保存
共有
印刷
その他

山形県天童市は温泉街に日帰り入浴施設「はな駒荘」をオープンした。高齢者や地域住民向けの2つの施設を統合して新設した。4月に開業予定だったが、新型コロナウイルスの影響で2カ月遅れとなった。既存施設を再整備したため高齢者健康福祉施設としているが、新たな観光拠点として初年度10万人、将来は16万人の利用を見込む。

バリアフリーに対応した天童市の「はな駒荘」

天童温泉に市が整備した高齢者健康福祉施設「はな駒荘」(山形県天童市)

約3500平方メートルの敷地に木造平屋建て947平方メートルの建物を、解体費など含め7億円をかけて整備した。バリアフリー対応の個室風呂があり、健康相談員が常駐する。天童温泉では初めての日帰り施設で、道の駅にも近いことから外湯として誘客を狙う。

料金は350円で、循環式の風呂は水温の違う湯船を設ける。民間の指定管理者が運営し、当面は感染防止のため休憩室の利用に制限をかける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]