価格抑えたバイオマス素材のサングラス キッソオ

2020/6/23 18:07
保存
共有
印刷
その他

眼鏡用資材販売のキッソオ(福井県鯖江市)は23日、フレームをバイオマス素材だけでつくったサングラス「サバエメガネキッソオグラス」を発売した。3色あり、価格は1本1万6500円。新しい素材と加工技術を採用し、ファッション性を持たせながら価格を抑えた。

射出成型による低コスト生産を実現した

植物由来のセルロースアセテート樹脂は高級眼鏡フレームに加工されてきた。キッソオは新しいアセテート樹脂を使い、射出成型による低コスト生産を実現した。素材に加える薬剤も植物系で、すべてバイオマス素材にした。

また、金づちを打ち付けたような模様でファッション性を高めた。従来の削り出しでは難しかったデザインも、射出成型によって表現力を高められたという。当初はマクアケのクラウドファンディングサイトを利用し、200本程度を20~50%割引きで販売する。売れ行きをみてデザインを増やすとともに、直販サイトや既存の販路で売る。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]