/

山本化学、子供向けマスク開発 水着素材で冷却効果

水着素材の山本化学工業(大阪市)は子供向けマスクを発売し、24日から予約を受け付けると発表した。水着などに使う素材を活用し、マスクの表面を水でぬらすだけで約1時間冷たさが持続する。新型コロナウイルスの感染拡大で広がるマスク需要を取り込み、50万枚の販売を目指す。

子供向けの「ビオラ シールドマスク ジュニア」は通常1枚3300円。7月末までの予約分は2200円とする。

厚さ0.5ミリと極薄のゴム生地にポリエステル繊維を配した素材を使った。マスクの表面に水をかけると、水分が蒸発する際の気化熱によりマスク内の温度を1.5~3.5度下げられる。中心にある直径約3ミリの無数の穴から呼吸する。

マスクの内側は水や汗などを吸収せず、手洗いで再利用できる。洗った後は陰干しでも短時間で乾くという。7月6日から順次発送する。

成人向けのマスクフィルターも開発し、24日から予約を受け付ける。価格は1枚1100円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン