JR西日本、役員の報酬自主返上を拡大

2020/6/23 17:30
保存
共有
印刷
その他

JR西日本は23日、新型コロナウイルス感染拡大による経営環境の悪化に伴い、役員の月額報酬の自主返上を7月から拡大すると発表した。監査役や執行役員が新たに加わり、49人が対象となる。返上額も増やし、社長は月額報酬の5割、会長や副会長は3割を返上する。期間は「当分の間」とした。

4月からは社外取締役を除いた取締役10人が月額報酬の1割を自主返上していた。

足元では外出自粛の緩和により鉄道の利用は少しずつ持ち直しているが、6月前半(1~14日)の運輸収入は前年の同期間と比べて5割超落ち込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]