サイゼリヤ、ミラノ風ドリア299円→300円 端数ゼロに
新型コロナ対策で釣り銭減らす

2020/6/23 18:00
保存
共有
印刷
その他

端数をゼロに統一したメニューブック。釣り銭の受け渡しを減らし、コロナの感染予防と利便性を両立する

端数をゼロに統一したメニューブック。釣り銭の受け渡しを減らし、コロナの感染予防と利便性を両立する

サイゼリヤは23日、全メニューの税込み価格の端数を7月からゼロに統一すると発表した。新型コロナウイルスの感染予防対策の一環で、会計時にお客が受け取る釣り銭を減らす狙いがある。同時にキャッシュレス決済も進め、コロナ後のニューノーマル(新常態)に合わせた店づくりを目指す。

全約140品のメニューのうち、9割を1~21円値上げし、残りの1割を10~19円値下げする。メニュー価格の端数の大半はこれまで9円が多く、値上げ分の上げ幅のほとんどは1円にとどめるという。

例えば、売れ筋の「ミラノ風ドリア」や「ペペロンチーノ」は従来の299円から300円に改定。一方でライスは169円を150円に引き下げ、会計時に「1円や10円硬貨を受け渡す頻度を最大8割減らす」(堀埜一成社長)。

キャッシュレス対応店も順次増やす。現在は商業施設内を中心に約300店で対応しているが、年内にも全店に広げる。

同社は店舗の運転資金を確保するためキャッシュレスの導入が遅れていた。コロナが収束すれば東京五輪・パラリンピックの影響で訪日客が増えるとみて、キャッシュレス導入店を広げる。

同社は同日、レジ袋の無料提供を7月以降も続けると発表した。7月からのレジ袋有料化の対象外となるバイオマス原料25%以上の素材を使う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]