/

この記事は会員限定です

小松精機工作所、土壌分析で新会社 EV化にらみ多角化

[有料会員限定]

自動車部品の小松精機工作所(長野県諏訪市)などは、土壌の成分を短時間で分析できる検査装置の実用化に向けた新会社を設立した。信州大学などとの研究成果を生かし、データ収集と分析を担う受託サービスを事業化する。主力のエンジン部品は電気自動車(EV)シフトなどで先行きの需要が読みにくくなっており、新事業を育てて将来の経営安定につなげる。

小松精機や同社の小松隆史専務らが出資して「Henry Monito...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません