マイナンバー改革、年内に工程表 免許証一体化など

2020/6/23 16:31
保存
共有
印刷
その他

運転免許証など国家資格証のデジタル化やマイナンバーカードとの一体化を検討する

運転免許証など国家資格証のデジタル化やマイナンバーカードとの一体化を検討する

政府は23日、マイナンバー制度を活用して行政のデジタル化を進めるワーキンググループの初会合を首相官邸で開いた。運転免許証などとマイナンバーカードの一体化を検討する。改革の工程表を年内に示す。

マイナンバーカードの普及率は5月末で16.7%にとどまる。「2022年度中にほとんどの住民が保有する」という政府の目標にはほど遠い。緊急経済対策の給付金の手続きなどが遅れた教訓を踏まえ、改めてマイナンバー制度をデジタル行政の基盤として改革を急ぐ。

関係府省が運転免許などの様々な免許証や国家資格証もデジタル化し、マイナンバーカードに一本化することを視野に議論を進める。

普及率向上や利用範囲の拡大を見据えたシステムの強化も論点になる。現在は地方自治体がバラバラに調達するシステムの標準化を目指す。マイナンバーカードのシステムを運営する地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の体制も見直す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]