トヨタ系、在宅勤務緩和へ 豊田合成は3割に

2020/6/23 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車グループの主要サプライヤーが在宅勤務を順次、通常の出社に戻している。移動自粛の全面解除や減産の縮小に対応する狙いだが、テレワークは生産現場とのコミュニケーションなど課題も多い。働き方改革とともに、通勤手当の見直しに動くところも出始めた。

豊田合成はオフィスのフロアごとに人数ベースで50%以上としていた在宅勤務の目安を30%に引き下げた。ウェブ会議のコミュニケーションに慣れず、戸惑いが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]