中小企業の現在と未来(10) データ分析に基づく議論を
一橋大学准教授 宮川大介

やさしい経済学
2020/6/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業の実態を把握するため、筆者は政府統計や東京商工リサーチなどが保有する企業レベルのビッグデータを利用した実証分析を行っています。しかし中小企業全体をより正確に捉えるためには、税務や通関データといった広範囲・長期間にわたる公的データの利用が期待されます。他国ではこうしたデータを学術研究に開放し、エビデンスに基づいた政策検討に役立てている例もあります。

日本でも、経済産業省の広範な行政手続きを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]