/

この記事は会員限定です

園芸品と切り花、消費に明暗 在宅で庭いじり堅調

[有料会員限定]

切り花はしぼみ、園芸用植物が育つ――。新型コロナウイルスの影響で植物の消費が明暗を分けている。冠婚葬祭やイベントの中止で業務用を中心に切り花の消費が落ち込む一方、外出自粛で家庭菜園や庭いじりをする人が増えたとみられ園芸用の売れ行きは堅調だ。

総務省の家計調査によると、4月の園芸用植物の1世帯当たり支出金額(2人以上の世帯)は556円と、前年同月を0.7%上回った。「バジルやトマトなど野菜の苗のほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン