静岡県内の海水浴場、開設か中止か コロナ禍で判断分かれる

2020/6/23 19:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

夏のレジャーの定番といえば海水浴。2020年の静岡県内の海水浴場は例年と様相が異なりそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大で「密」を避ける対策が難しいと判断した市町が相次ぎ中止を決めている。監視や救助にあたるライフセーバーを確保できないという事情もある。一方で地元経済への影響を考慮して開設を決めた市町もあり、判断が分かれている。

牧之原市は市内の「静波海水浴場」と「さがらサンビーチ」の開設を見送る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]