聖路加国際病院の福井院長「第2波へ 財政支援必要」
コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

2020/6/23 12:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスは日本の医療に多くの課題を突きつけた。未知のウイルスを相手にした治療に加え、病院経営への影響、行政との連携など論点は尽きない。多くの感染者と向き合った聖路加国際病院(東京・中央)の福井次矢院長に第2波への備えを含めた提言を聞いた。

――医療機関で患者が減少しています。

「外来患者はかなり減少した。目立ったのは小児科で、コロナ以前に比べて6割減った。入院に関しては、コロナ前は病床…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]