日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月3日 140.610 +0.602

[PR]

商品ニュース

魚消費を増やせ 動く日本の「台所」 卸・仲卸再編必至
変わる卸売市場(中)

2020/6/23 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

初夏のアユやタコ、マイワシが並ぶ日本の「台所」、豊洲市場(東京・江東)。国内外から500種以上の魚介類が集まり、毎日1万人以上の卸や仲卸業者、買参人らプロが往来する世界最大の魚市場だ。

2018年に築地を離れ最新施設として開場してから1年半。市場開設者の東京都は5年間で水産物の取扱量を1.5倍に増やす目標を掲げたが、現状は厳しい。豊洲の19年の取扱量は34万トンと築地のころより1割少なく、198…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム