公明代表、早期の衆院解散に慎重「経済回復に集中を」

2020/6/23 12:30
保存
共有
印刷
その他

公明党の山口那津男代表は23日の記者会見で、早期の衆院解散・総選挙の実施に慎重な姿勢を示した。「日本の経済力を回復させていくことも大きな課題の一つだ。政府・与党で力を集中させることが大切だ」と述べた。

自民党の二階俊博幹事長は同日の記者会見で「年内に解散というのは頭の片隅にもない」と述べた。「あす解散があってもおかしくないと教えられてきた。いつ解散があってもいいとの感覚で政治に臨むのが与党の責任だ」と主張した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]