アサヒグループ AIで「客観的な」パッケージデザイン

コラム(テクノロジー)
2020/7/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アサヒグループホールディングスは、人工知能(AI)を使ったパッケージデザイン生成システム「AIクリエーターシステム」を開発。ビールや飲料といった同グループの商品パッケージのデザイン過程に試験的に取り入れる。

このシステムは、アサヒグループがAIのサービス開発を手がけるCogent Labs(コージェントラボ、東京・港)と共同開発したもの。AIクリエーターシステムという1つのシステムだが、内部は2つに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]