/

この記事は会員限定です

孫氏のペイペイ「第2幕」、みずほ提携の先に潜む課題

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクがみずほフィナンシャルグループ(FG)と提携する。狙うはソフトバンクグループ(SBG)総出で取り組むスマホ決済PayPay(ペイペイ)の「スーパーアプリ化」だ。孫正義会長兼社長が名付け親のペイペイの成長戦略は第2幕に入る。

「ペイペイの登録者は今週中に3000万人を突破する。非接触の決済は新型コロナの時代でより大きな意味を持つ」。24日のソフトバンクの株主総会で、同社の宮内謙社長はこう強調した。

強気の背景には先週発表したみずほとの提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン