預金、給付金で急増 銀行の預貸率が過去最低に

2020/6/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

銀行の預金に対する貸出金の比率を表す預貸率が低下している。日銀によると、5月の国内銀行の預貸率は63.7%で、2カ月連続で過去最低を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が多額の給付金を支給したり企業が手元資金を厚くしたりしたため、預金が急増した。銀行も貸し出しを増やすが、預金の増加幅を下回る。

5月の国内銀行の預金平均残高は前年同月比6.2%増の772兆535億円だった。伸び率、残…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]