日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月5日 140.690 +0.080

[PR]

商品ニュース

紙・板紙国内出荷、5月19%減 過去2番目の落ち幅

2020/6/22 19:58
保存
共有
印刷
その他

日本製紙連合会(東京・中央)が22日発表した5月の紙と板紙の国内出荷量は156万トンと前年同月に比べ19%減った。連合会が現在の統計をまとめて以降、リーマン・ショック後の2009年2月の同20.7%減に次ぐ大幅な減少だった。

今年5月の紙の出荷量は25%減の76万6千トン。新型コロナウイルスに伴うイベント自粛などを受けチラシ関連需要が落ち込んでいる。塗工紙は40.5%減の18万3千トンと大幅に減少した。テレワークなどの影響でコピー用紙が低迷し、情報用紙も21.6%減の8万5千トンだった。

衛生用紙は7.9%減の13万7千トンと4カ月ぶりの減少となった。4月まで買いだめ需要が大きかったトイレットペーパーやティッシュがマイナスとなった。手拭き用のタオル紙は出荷量を伸ばしている。

板紙は12.3%減の79万4千トンだった。このうち段ボール原紙は10.8%減の64万9千トン。工業製品向けの落ち込みが続いているほか、「通販・宅配向けは引き続き好調だったが、加工食品や飲料などの巣ごもり需要は一服した」(同連合会の野沢徹会長)という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム