/

AIで試合分析 山口FG、レノファ山口と共同開発

レノファ山口の霜田正浩監督(左から2人目)と山口FGの吉村猛社長(右から2人目)

山口フィナンシャルグループ(FG)は22日、サッカーJ2のレノファ山口、IT企業のFusic(フュージック、福岡市)と協力し、AI(人工知能)を活用した映像解析・試合分析システムを開発すると発表した。レノファ山口のチーム力強化に活用し、いずれはファンサービスや他のスポーツなどでも利用したい考えだ。

従来は監督やコーチが手作業で試合映像を分析していたが、AIの画像認識技術のみで選手の動きを自動的に変換し、平面上にプロットできる。フュージックの浜崎陽一郎副社長は「体の向きなどプロ目線で作り込み、チーム戦術に沿って定量化・可視化できる」と話す。すでにプロトタイプはできており、今シーズンから活用しつつ改良を重ねる。

データの活用はサッカーでも広がっている。レノファ山口の霜田正浩監督は「市販のシステムを利用しているクラブは多いが、オーダーメードで作るのは初めてではないか。このシステムを活用し、選手に数値化・見える化して戦術を伝え、勝つ確率を少しでも上げたい」と意欲を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン