/

この記事は会員限定です

新興国通貨、強まる選別 経常収支・対外債務で明暗

[有料会員限定]

新興国通貨に「選別」の動きが出ている。新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大した3~4月にはほとんどの新興国通貨が下落したが、タイやフィリピンなどの通貨は上昇に転じ、足元では「コロナ前」の水準を回復。一方、ブラジルやアルゼンチンといった国の通貨下落には歯止めがかからない。何が明暗を分けているのだろうか。

対ドルのタイのバーツ相場は2月末時点で1ドル=31.5バーツだったが、3月に入ると世界的な新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン