「域内需要から回復見込む」シーガイアの片桐社長
withコロナ 変わる経済

2020/6/22 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大型リゾート施設「フェニックス・シーガイア・リゾート」を運営するフェニックスリゾート(宮崎市)は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、5月7日から全施設を休業。宣言解除を受けて5月末以降、ゴルフ場やホテルなどの営業を段階的に再開し始めた。片桐孝一社長に今後の対応を聞いた。

――コロナ禍の影響は。

「今年2月までは個人の宿泊客、ゴルフ客が順調で、2020年3月期は悲願の営業黒字転換…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]