北海道地盤のコンビニ「セコマ」、レジ袋無料を継続

2020/6/22 19:00
保存
共有
印刷
その他

セコマ(札幌市)は7月1日以降も、コンビニエンスストア「セイコーマート」などで無料でレジ袋を配る。同日から全国でプラスチック素材のレジ袋の有料化が義務づけられる。セコマはバイオマス素材を30%配合し、国が定める無料配布の基準をクリアする。新型コロナウイルスの感染拡大で消費マインドが冷え込むなか、セコマは有料化を見送ることにした。

新たなレジ袋はバイオマス素材を30%配合している

新たなレジ袋はバイオマス素材を30%配合している

レジ袋の有料化はセブン―イレブン・ジャパンなど大手コンビニでも取り組む予定。セコマはレジ袋の無料配布を続けるが、店頭ではマイバッグ利用を呼びかけていくとしている。

セコマは総菜の容器を簡素にするなどプラスチック素材の削減を推進している。たまごパックや紙パック、古紙・段ボールの回収でも一定の成果が出ているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]