/

東京都知事選、期日前投票2.5万人増 コロナで混雑回避

東京都選挙管理委員会は22日、7月5日投開票の知事選で、期日前投票を終えた人が8万1350人に上るという中間結果を発表した。前回知事選の同時期と比較して約2万5千人増えた。新型コロナウイルスの感染防止のため、都選管は混雑を避けて期日前に投票するよう呼びかけている。

期日前投票が始まった6月19日から21日までの結果を集計。前回から足立区で7861人、次いで江戸川区や中央区でも2千人以上増えた。

都選管は新型コロナ対策として混雑を避けるため、各区市町村の選管に期日前投票所の増設や開設期間の延長を求めている。これに応じて足立区や江戸川区などでは全期間投票できる施設を増やしており、期日前投票の増加につながったとみている。

都選管の担当者は「年々、期日前投票は増加傾向にあるが、それでも多い結果となった。ホームページなどでも期日前の投票を呼びかけているので積極的に利用してほしい」と話した。

都内の有権者は、17日時点で1146万8938人。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン