/

異業種採用14%増 建設派遣のコプロ、コロナ失業で

建設業に人材を派遣するコプロ・エンジニアード(名古屋市)は22日、2020年3~5月の異業種からの採用者数が前年同期比14%増の136人になったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、販売や接客などの就業者から応募が急増した。コロナによる業績影響が比較的軽く、人手不足に直面する建設業が「コロナ失業」の受け皿になっている。

3~5月の採用者に占める異業種出身者の割合も58.6%と、前年同期から6.4ポイント上昇した。異業種からの応募者に限れば同85%増えた。コプロは建設業やプラント業で現場監督などの技術社員を約2千人抱えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン