結婚式、19社がコロナ対策ガイドライン策定

2020/6/22 17:21
保存
共有
印刷
その他

結婚情報誌「ゼクシィ」を手掛けるリクルートマーケティングパートナーズ(東京・中央)など19社は22日、新型コロナウイルス禍における結婚式の新たなガイドラインを策定したと発表した。新型コロナの感染拡大で結婚式を延期・中止する人が増え、結婚式業界は大きな影響を受けている。業界が一丸となり、コロナ禍を乗り越えるための取り組みとする。

ガイドラインの策定には、結婚式場大手のテイクアンドギヴ・ニーズエスクリなど19社が発起人として参加。ガイドラインには、全国で1350の結婚式場が賛同。今後さらに賛同する式場を増やし、将来的には1600以上の式場からの賛同を得ることを目指す。

ガイドラインでは、スタッフの健康管理や会場の衛生管理、ビデオ通話を活用した準備支援などをまとめた。今後は賛同する式場が、ガイドラインに沿った具体的な施策を考えるという。

今回、発起人として参加したエスクリの渋谷守浩社長は「今は顧客と信頼関係を築く大事な時期。業界で一丸となって、安心安全の結婚式ができる土台作りを進めたい」と意気込んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]