北海道の森づくり学院、コロナ禍で2カ月遅れの始動

2020/6/22 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道が森のスペシャリスト育成を目指して春に開校した全国最大級の林業専門学校「北の森づくり専門学院」(北海道旭川市)は、6月にようやく授業が始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、始動は2カ月遅れた。道内の林業従事者は過去40年間で5分の1以下に減少。森林が面積の7割を占める北海道では、旭川家具などを支える林業の担い手育成は急務。同校への期待は大きい。

10日、気温が30度近くまで上昇する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]