移動制限解除後初の週末、都内来訪者 前年の8割に

2020/6/22 16:19
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた都道府県をまたぐ移動が全面解除されて初の週末となった20~21日、東京都外から都内を訪れた人は多かった。ヤフーがスマートフォンの位置情報を分析したところ土日とも前年の8割の水準に戻った。

歩行者天国が再開された東京・銀座の人通りは多かった(20日)

歩行者天国が再開された東京・銀座の人通りは多かった(20日)

「Yahoo!JAPANアプリ」を導入したスマホの位置情報から訪れた人の水準を前年同期の同じ曜日との比較で推計した。20日は好天にも恵まれ、都内来訪者は前年の83%と1週間前より5ポイント上昇した。土曜に80%を超えるのは3月21日以来だ。

東京23区ごとにみると、1週間前と比べて最も前年比水準が上昇したのは千代田、中央の都心区だった。

中央区銀座の中央通りは歩行者天国を再開して2週目となり人通りが多かった。20~30歳代の男女や家族連れが目立った。密集を避けるため入店制限する高級ブランド店前は人だかりができた。「デパ地下」と呼ばれる百貨店の食品売り場も真っすぐ通り抜けられない程度に混雑していた。

日曜日の21日の都内来訪者は前年の80%の水準と1週間前より8ポイント高くなった。日曜日に80%以上は3月22日以来となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]