高機能マスクで競う 中部企業、和紙製や保冷剤入れ

2020/6/22 16:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部企業が特色のあるマスクの開発にしのぎを削っている。供給が増えてマスクの価格が急落しており、デザイン性や機能性を訴えることに競争の軸が移りつつあるためだ。高価な和紙製や保冷剤を入れるポケット付きなど付加価値を高めた商品を販売し、消費者のつなぎ留めを目指す。

アスツール(東京・渋谷)が開発した最低価格がわかるスマートフォンアプリ「在庫速報.com」によると、6月18日時点でマスク1枚は9円。4月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]