/

この記事は会員限定です

ペッパーランチ事業売却へ、買い手にファンド浮上

(更新) [有料会員限定]

外食チェーン大手のペッパーフードサービスは、ステーキチェーンの「ペッパーランチ」事業を売却する方針を固めた。売却先としては国内投資ファンドのJ-STAR(東京・千代田)が浮上している。新型コロナウイルスの影響などで主力の「いきなり!ステーキ」が不振に陥っており、売却した資金で立て直しを急ぐ。

1994年に1号店を開いて始めたペッパーランチは、カットステーキやハンバーグなどを低価格で提供し顧客層を開拓してきた。5月末時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン