専門家会議「議事概要」は落第 歴史にどう向き合う
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
清水 真人
コラム(政治)
編集委員
2020/6/23 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の記録問題が混迷している。いま公開している「議事概要」は出すのが遅すぎるうえ、記載されている内容も十分とは言えない。今後は発言者を特定して出す、という改善策を加味しても、議論の流れを検証する素材としては落第だ。重要政策会議の記録の保存と公開のバランスをどう探り、歴史にどう向き合うか。モデルになりうるのは経済財政諮問会議だ。

■「政策の決定・了解を行わない会議」

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]