/

この記事は会員限定です

専門家会議「議事概要」は落第 歴史にどう向き合う

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の記録問題が混迷している。いま公開している「議事概要」は出すのが遅すぎるうえ、記載されている内容も十分とは言えない。今後は発言者を特定して出す、という改善策を加味しても、議論の流れを検証する素材としては落第だ。重要政策会議の記録の保存と公開のバランスをどう探り、歴史にどう向き合うか。モデルになりうるのは経済財政諮問会議だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3075文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン