/

塩野義、コロナ30分判定キット開発へ 日大などと契約

塩野義製薬は22日、新型コロナウイルスの感染を30分程度で判定できる検査法について、日本大学などとライセンス契約を結ぶと発表した。日大の桑原正靖教授らが考案した「SATIC法」と呼ぶ検査法を応用し、検査キットの開発に取り組む。生産などでは新たなパートナーとの連携も検討し早期の実用化を目指す。

塩野義は日本大学、群馬大学、東京医科大学との間でSATIC法に関するライセンス契約の締結で基本合意した。専用機器を必要とせず、30分程度で判定できるのが特徴。新型コロナに限定せず、インフルエンザなどの感染症も対象となる。

新型コロナの検査キットを実用化した場合、海外からの渡航者を受け入れる際の感染者のスクリーニングでの活用も想定する。早期診断による重症化の予防対策が可能になるとしている。

加藤勝信厚生労働相は22日の参院決算委員会でSATIC法を応用した検査法に関して「今回の方法を含めて現場で使えるということであれば積極的に取り入れる」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン