空席のトランプ氏集会、TikTokユーザーの妨害が一因か
欠席前提で参加申し込み

トランプ政権
米大統領選
北米
2020/6/22 5:17
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領の20日の選挙集会は空席が目立った=AP

トランプ米大統領の20日の選挙集会は空席が目立った=AP

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が20日に南部オクラホマ州で開いた選挙集会で大量の空席が発生したのは、ショート動画アプリ「TikTok」の利用者らが欠席を前提に大量の申し込みを呼びかけたのが一因との見方が出ている。SNS(交流サイト)の威力を示す例として注目を集めている。

同州タルサ消防局によると、1万9000人を収容できる会場に実際に入った参加者は3分の1以下の6200人にとどまったという。トランプ陣営の幹部は21日のFOXニュースのインタビューで、トランプ氏の支持者が集会に反対するグループとの衝突を恐れて来場しなかったと説明した。

これに対し、米紙ニューヨーク・タイムズは21日、欠席を前提とした参加登録の呼びかけがSNSで拡散したことが影響した可能性があると報じた。トランプ氏の陣営が11日にオンラインで集会の受け付けを始めると、まずK-POPファンが登録呼びかけをSNSに投稿した。この取り組みがTikTokを通じて瞬く間に広がったという。

51歳の中西部アイオワ州在住の女性は11日深夜に「ステージ上で彼を独りぼっちにさせよう」と訴える動画をTikTokに投稿した。翌朝までには200万回以上も視聴されたという。多くのユーザーは「妨害行為」が探知されないよう1~2日で投稿を削除した。延べ数十万人分の入場が登録された可能性があるという。

民主党のオカシオコルテス下院議員は20日、ツイッターに「TikTokで偽チケットを予約した10代の子どもに動揺させられている」とトランプ氏の陣営を皮肉った。陣営は開催前に「100万人超の申し込みがあった」と豪語していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]