/

挑戦者の豊島が先勝 将棋の叡王戦第1局

将棋の第5期叡王戦7番勝負の第1局は21日、静岡県河津町で指され、千日手指し直しの末、挑戦者で先手の豊島将之二冠(30)が115手で永瀬拓矢叡王(27)を破り、先勝した。第2局は7月5日、兵庫県豊岡市で行われる。

今シリーズは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2カ月以上遅れて開幕した。豊島二冠は初獲得が懸かり、永瀬叡王は初防衛を目指す。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン