/

リニア問題まとめ読み 静岡県とJR東海の対立と経緯

(更新)
リニア中央新幹線は静岡工区の着工手続きが難航している

リニア中央新幹線の静岡工区建設をめぐり静岡県とJR東海の主張が対立し、2027年の開通が困難になっています。静岡県は工事によって大井川の流量が減ったとし、JR東海は対応策などを示してはいますが、膠着状態です。

両者のトップ、川勝平太知事と金子慎社長が6月下旬に、7月に入って国土交通省の藤田耕三事務次官と川勝知事がそれぞれ会談しましたが、解決の糸口は見つかりませんでした。リニア問題の理解を深めるため関連記事をまとめました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン