/

この記事は会員限定です

フィンテック新興のシンカ、トヨタ系と協業 85億円調達

[有料会員限定]

フィンテック企業のSYNQA(シンカ、シンガポール)は決済アプリでトヨタファイナンシャルサービス(TFS)と協業する。TFSや三井住友銀行から8千万ドル(約85億円)の資金を調達し、決済システムなどの技術を供与する。シンカは調達資金をテコに、日本や東南アジアでの事業拡大などにつなげる。

トヨタ自動車が出資する「未来創生ファンド」やタイのサイアム商業銀行傘下の投資会社、あいおいニッセイ同和損害保険などもシンカの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン