中国、19年秋からコロナ感染拡大か 分析相次ぐ

2020/6/20 23:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は2019年秋には中国で始まっていたと指摘する分析が相次いでいる。ウイルスの全遺伝情報(ゲノム)に基づき、英国など複数のチームが報告した。中国武漢市で最初の患者が確認される前に、人から人への継続的な感染が起きていたことになる。中国のどこでどのように発生したのかは手がかりがなく、謎は深まっている。

新型コロナはコウモリが起源だとほぼ特定されている。人に直接うつったのか、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]