巣ごもり投資家、世界で急増 給付金元手に相場動かす

2020/6/20 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界で個人投資家が急増している。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛、自宅でスマートフォンを使って株式を売買する。休業補償や給付金も元手となっており、投資家層の広がりにつながっている。短期的な値上がりを期待した投資など一部に投機色もみられ、活発な売買で相場を動かす存在になりつつある。

米国で若者を中心に人気なのが、売買手数料が無料の新興インターネット証券、ロビンフッドだ。1~3月に300万の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]