競走馬逃げ、運河泳ぐ 大井競馬場、対岸で捕獲

2020/6/20 16:04
保存
共有
印刷
その他

大井競馬場から脱走した馬(20日、東京都品川区)=近隣住民提供、共同

大井競馬場から脱走した馬(20日、東京都品川区)=近隣住民提供、共同

20日午前8時10分ごろ、東京都品川区の大井競馬場から調教中だった競走馬1頭が脱走した。近くを流れる運河に飛び込み、対岸まで泳いだところを関係者が捕獲した。警視庁によると、けが人は確認されていない。

大井競馬場によると、体重約480キロの競走馬「サルダーナ」号で、何かに驚いて逃げだし、厩舎に隣接する防潮堤を跳び越えて運河に入った。約20分後に捕まえられた。けがをして治療中という。

大井競馬場では5月にも馬1頭が脱走し、区内の交差点でワゴン車と衝突する事故があった。同競馬場は「近隣住民に不安を与え、深くおわびします」とのコメントを出し、原因究明と再発防止に努めるとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]