/

接続水域に中国潜水艦か 奄美大島周辺で潜航

防衛省は20日、外国の潜水艦が18日午後に鹿児島県・奄美大島の北東の接続水域内を潜ったまま西進していたのを確認したと発表した。20日午前までに接続水域外に出て東シナ海を西に進んでいる。日本の領海内への侵入はなかった。

防衛省関係者によると、中国海軍の潜水艦とみられるという。

外国の潜水艦が日本の接続水域を浮上しないまま航行するのを確認したのは2018年1月、中国の原子力潜水艦が沖縄県の宮古島や尖閣諸島の沖合を航行して以来2年ぶり。

防衛省によると、河野太郎防衛相は「緊張感をもって、情報収集・警戒監視に万全を期すこと」を指示した。海上自衛隊は哨戒機と護衛艦を出動させ、情報収集や警戒監視にあたった。

日本の領海のすぐ外側にあたる接続水域内で、潜ったままの状態で航行する外国の潜水艦を確認するのは過去7回ある。国際法違反ではないものの特異な事例だ。

国際法上、潜水艦が他国の沖合の領海内を航行する場合は浮上して国旗などを掲げなければならない。接続水域ではこうした取り決めはない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン