/

1~3月期の米経常赤字0.1%縮小 新型コロナで貿易減

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が19日発表した1~3月期の米経常収支(季節調整値)は1042億400万ドル(約11兆1400億円)の赤字となり、前期の改定値に比べ0.1%赤字が縮小した。赤字額は2018年4~6月期以来の少なさとなった。

1~3月期の米経常赤字は、モノの貿易赤字減少で縮小した(米カリフォルニア州の港)=ロイター

モノの貿易赤字の減少が赤字縮小の主因。モノの赤字は1923億3200万ドルで5.2%減った。輸入は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う内需の減少で3.1%減った。携帯電話などの消費財やコンピューターなどの資本財が減った。

一方、輸出は、海外景気の低迷を背景に民間航空機などの減少で2.0%減った。

サービス貿易も新型コロナの影響を受けた。渡航制限による旅客減少などで、輸入は8.9%、輸出は5.5%それぞれ減少した。

経常赤字の国内総生産(GDP)に占める比率は1.9%で前期から0.1ポイント低下した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン