/

日米外務省幹部、朝鮮半島情勢巡り電話協議

外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は19日、米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)と電話で協議した。北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破するなど最近の朝鮮半島情勢について意見を交わした。北朝鮮を巡る懸案の解決に関し日米が緊密に協力する方針も再確認した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン