/

この記事は会員限定です

東芝、キオクシア株売却へ 再建に区切り

[有料会員限定]

東芝は約40%保有している半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(HD、旧東芝メモリホールディングス)の株式を段階的に売却する方針を固めた。キオクシアHDは10月をめどに上場を目指しており、上場後に売却するもようだ。半導体事業は業績のぶれが大きく、収益構造を安定させる狙いがある。売却益の半分以上は株主還元の原資に充てる。

キオクシアHDは記憶装置に使うNAND型フラッシュメモリーで韓国サムスン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン