/

この記事は会員限定です

飲食店の倒産、過去最多に 「夜の街」風評も

企業信用調査マンの目

[有料会員限定]

和洋中料理、居酒屋、バー、喫茶店などの飲食店の経営を主業とする事業者(法人および個人事業主)の倒産(法的整理のみ)は、2019年に過去最多の732件を記録した。もともと飲食店業界は、他業界と比べて新規参入事業者が多く、消費者の嗜好やトレンドで業績が左右されやすく生き残りが厳しいと言われてきた。そうしたなか、今年は新型コロナウイルスの影響を大きく受け、存亡の危機に追い込まれる事業者が多発している。

経営者も消費者も厳しく

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1721文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません