随所で風景映える町に 栃木・益子町がランドスケープ計画
北関東フォーカス

2020/6/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あちこちで絵になる風景を楽しめる町に――。そんな地域づくりに乗り出すのが陶芸の街として知られる栃木県益子町だ。町内を7地区に分け里山や史跡、窯業などそれぞれの地域資源を生かして景観や散歩道・自転車道などを整備する「ランドスケープ計画」をまとめた。町民などと連携して実施に移す。住民が歩きたくなり、観光客や移住者の誘致につながる町づくりを目指す。

益子町は関東平野の北にあり山々や田畑、川といった里山…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]