静岡の製造業各社、機動的に資金調達 長期低迷備え

2020/6/19 19:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大が長期化する恐れをにらみ、静岡県内の製造業が機動的な資金調達策に動いている。ヤマハ発動機は6月中に国内で計1700億円を借り入れる。浜松ホトニクスは計200億円のコミットメントライン(融資枠)新規設定を決めた。コロナ禍の長期化に備えて、機動的に資金を調達できる手段を用意し、財務面の安定向上に努める。

「リーマン・ショック級の影響を想定し、必要資金を確保した」。ヤマハ発の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]