北関東の百貨店、ウィズコロナの中元商戦 感染防止へ対策

2020/6/19 19:46
保存
共有
印刷
その他

北関東の百貨店で中元商戦が始まった。各店とも待合スペースを広く取ったり、接客スタッフがフェースシールドを着用したりするなど新型コロナウイルスの感染防止に気を配る。中心顧客の高齢者が外出を控える傾向は続きそうで、オンラインストアの販売に力を入れる店舗もある。

東武宇都宮百貨店宇都宮本店(宇都宮市)は19日、例年より1週間早くギフトセンターを開設した。当初5日間は配送のみの受け付けとし、持ち帰り客と…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]