/

この記事は会員限定です

関西の地銀、経営計画に地域経済の発展目標

列島発

[有料会員限定]

地域経済に関する目標数値を、経営計画に盛り込む地銀が関西で出てきた。スローガンだけでなく数値まで掲げるのは珍しいとされ、地域活性化への意欲がにじむ。

南都銀行は2019年12月に策定した経営計画で、26年度の奈良県の実質総生産を、16年度比1割増の3.9兆円に高める目標を設けた。低金利下で銀行の収益環境は厳しく、県内の事業所数は全国でも少ない。担当者は「大それた目標だが、自主的かつ積極的に地域経済を変えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン