戦没者を追悼、4人だけで コロナ禍の福岡大空襲75年

2020/6/19 19:23
保存
共有
印刷
その他

福岡大空襲から75年の19日、福岡市は市社会福祉協議会と合同で「市戦没者追悼献花式」を市役所内で開き、参列した高島宗一郎市長ら4人が犠牲者を追悼した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、例年それぞれが主催している式典の代替行事として、規模を縮小して開催した。

 福岡大空襲から75年を迎え、「福岡市戦没者追悼献花式」で献花する高島宗一郎市長(右)ら(19日午後、福岡市役所)

高島市長は「市を代表して追悼するべくこのような形にした。恒久平和のために全力を尽くす」と誓い、祭壇に献花。市遺族会連合会の津田隆士会長(75)は「平和が当たり前でないことを知ってほしい」と取材に話した。それぞれの式典には例年数百人が参列してきたが、一般参加は受け付けなかった。

1945年6月19日の福岡大空襲は、米軍のB29爆撃機200機余が、午後11時ごろから約2時間にわたって市街地に焼夷(しょうい)弾を投下し、死者902人、行方不明者244人、負傷者1078人に上った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]